春や夏だけではない冬の北海道旅行の魅力

日本国内の中で最も広い面積の北海道は、毎年多くの観光客たちが訪れます。

春や夏だけではない冬の北海道旅行の魅力

春や夏だけではない冬の北海道旅行の魅力 日本国内の中で最も広い面積の北海道は、毎年多くの観光客たちが訪れます。北海道旅行といえば、雪が解けた桜咲く春頃や、内地よりも涼しく快適に過ごせる初夏に人気がありますが、寒い季節の冬場に出かけてみても楽しい場所です。広大な北海道では、エリアごとに天候に違いがあって、同じ道内でも晴れているところもあれば、雨降る場所もあります。気温も同様に地域差があり、特に冬場は太平洋側と日本海側とでは、雪の降る量にも違いが見られます。

道内の内陸部では、最低気温がマイナス30℃近くなる場所もあり、冬場に観光する場合には、厚手のコートやジャケットだけではなく、肌着も温かいものを着ていく必要があります。手足も冷えるため、手袋や靴下、ブーツにも気を配らなくてはなりません。そんな寒い季節に北海道を旅行することの魅力としては、スキーだけではなく、毎年1月頃になるとオホーツク沿岸で見られる流氷や、ダイヤモンドダストをはじめ、札幌市で開催される有名な雪まつりなど、暖かな地域で暮らしている人には中々体験することのできない極寒の地での特有の現象や、イベントなどがたくさんあります。

また、旭川にある動物園では、北方で生きている動物たちの活発に動く姿を観察することもできるので、冬の北海道では春や夏とは違った楽しみ方があります。

Copyright (C)2019春や夏だけではない冬の北海道旅行の魅力.All rights reserved.